×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


もどる


原点がここにある――FEEL'S HONDA TWINCAM

1992年、その車は姿を現した。

生粋のホンダの血筋を受け継ぐ者達が、走りの原点として見つめ続けた車――EG6。

走り屋達を熱くさせたあのEG6が、本当のスポーツのために蘇る。

ホンダの今をつくりあげたなめらかなフォルム。

驚異的な出力と官能的な回転数を約束する、自然吸気エンジンB20TC。

こだわりのしなやかなサスペンションと、珠玉のセッティングによるステージを選ばない足回り。
確かな接地感を与える競技用ハードブッシュとストラトタワーバーとの絶妙な組み合わせ。

あらゆる角度から乗り心地と絶対の操作感の調和を図り、走りのための全てをここに注ぎ込んでくみ上げられた。

HONDA TWINCAMが自信をもってお届けするフルチューンEG6。

CIVICがここまで進化した。

原点がここにある。CIVIC EG6 Tuned Complete



車体形式:E-EG6改
 『The steel tormentor』
Specifications-主要諸元
タイプ
SiR-U改
2.0L DOHC VTEC+PGM-FI
■車名・型式
CIVIC THE STEEL TORMENTOR・E-EG6改
■トランスミッション
5速マニュアル
■寸法・重量・乗車定員

全長(m)/全幅(m)/全高(m)
4.070/1.695/1.350
ホイールベース(m)
2.570
トレッド(m)前/後
1.475/1.465
最低地上高(m)
0.090
車両重量(kg)
エアコンディショナー装着車
1,070
乗車定員(名)
4
客室内寸法[長さ/幅/高さ](m)
1.715/1.350/1.100
■エンジン

エンジン型式
B20TC
エンジン種類・シリンダー数及び配置
水冷直列4気筒横置
燃焼室形式
ペントルーフ形
弁機構
DOHCベルト駆動 吸気2 排気2
総排気量(cm3
1,999
内径×行程(mm)
81.0×97.0
圧縮比
12.5
燃料供給装置形式
電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
燃料ポンプ形式
電動式
使用燃料種類
無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量(L)
45
■性能

最高出力(kW[PS]/rpm)
184[250]/7,400
最大トルク(N・m[kg・m]/rpm)
235[24]/6,200
燃料消費率(km/L)
街乗り実走測定平均

10以上
主要出力向上対策
鍛造ピストン、軽量コンロッド、フリクション軽減、高圧縮
シリンダブロック交換(排気量増加・強化)、アーシング、各種ベルト強化、吸排気効率化
最小回転半径(m)
5.3
■動力伝達・走行装置

クラッチ形式
乾式単板ダイヤフラム(カーボン製)
変速機形式
常時噛合式
変速機操作方式
フロア・チェンジ式
変速比 1速
3.230
2速
2.105
3速
1.458
4速
1.107
5速
0.848
後退
3.000
減速比
4.4
ステアリング装置形式
ラック・ピニオン式
タイヤ(前/後)
195/55R15 84V
主ブレーキの種類・形式(前/後)
油圧式ベンチレーテッドディスク/油圧式ディスク
サスペンション方式(前後共)
ダブルウイッシュボーン式
スタビライザー形式(前/後)
トーション・バー式
*はネット値です。「ネット」とはエンジンを車両に搭載した状態とほぼ同条件で測定したものです。新単位として、出力は「PS」から「kW」に、トルクは「kg・m」から「N・m」に切り替わっています。尚あくまで推定値であり、実際の出力とは異なることがあります。
燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には、この条件(気象、道路、車両、運転、腕、整備などの状況)が異なってきますので、それに応じて燃料消費率が異なります。
主要諸元は道路運送車両法による型式指定申請書数値。
CIVIC、VTEC、PGM-FIは本田技研工業株式会社の登録商標です。
改造事業者:Honda TWINCAM(改造国:日本)
本仕様ならびに装備はHPのアップデートなく変更します。あらかじめご了承ください。